japanese short stories

beginner level

crane of gratitude

むかしむかし、わかおとこ一人ひとりやまんでいました。おとこはおかねがないので、やまって生活せいかつしています。あるふゆおとこいえかえっていると、へんおとこえました。「これはなんおとだ?」おとこおとがするしょにゆっくりとかいました。すると、ゆきうえやすんでいるツルをつけました。へんおとはツルがいたこえだったのです。ツルはつかれてうごけないようでした。 おとこはそれをると、いそいでいえかえりました。そして、ぶんよるごはんをって、ツルがいるところにかいました。「これをべて。」おとこはそうって、ツルのよこにごはんをきました。ツルがごはんをべているあいだに、おとこしずかにいえかえりました。

Once upon a time, a young man lived in a mountain alone. The man didn’t have money, so he lived on selling trees in the mountain. One day in winter, when he was going home, a strange sound was heard. “What is this sound?” The man slowly headed toward the place making the sound. Then, he found a crane taking rest on the snow. The strange sound was the voice the crane sang. She looked tired and unable to move. The man looked at it and then went home in a hurry. And, he took his dinner and headed towards the place where she was. “Eat this,” the man said and put the meal beside her. While the crane was eating the meal, the man quietly went home.

つぎよるおとこいえに、わかくてうつくしいおんながたずねてきました。ゆきがたくさんっていて、とてもさむよるでした。おんなしろふくています。しろゆきがきれいなくろかみについていました。おとこおんなうつくしさにおどろきました。おんなおとこきました。「みちからなくなりました。今日きょうよる、ここにまってもいいですか?」おとこはすぐにこたえました。「いいですよ。」おとこおんなにとなりの部屋へや使つかわせることにしました。あさおとこきると、おんなあさごはんをつくっていました。おとこのためにようしていたのです。おとこはとてもうれしくなりました。そして、こんなにきれいでやさしいひと結婚けっこんしたいとおもいました。「結婚けっこんしてください。」「はい。」二人ふたり結婚けっこんすることにしました。

The next night, a young beautiful woman visited his house. It was a night when it snowed a lot and was very cold. The woman wore white clothes. The white snow was on her beautiful black hair. The man was surprised by her beauty. The woman asked the man, “I have lost my way. May I stay here this night?” The man replied quickly, “Sure.” The man decided to let her use the next room. The next morning, when the man got up, the woman was making breakfast. She prepared it for the man. The man had become very happy. And, he thought that he wanted to get married to such a beautiful and kind person. “Please marry me.” “Yes.” They decided to marry.

二人ふたりはとてもしあわせでした。しかし、おとこはおかねっていません。ごはんをべられないがたまにありました。すると、おんないました。「わたしはきれいなぬのつくることができます。そのぬのまちったらどうですか?」おんなぬのつくると、おとこはおどろきました。いままでにたことがない、とてもきれいなぬのだったのです。おとこはすぐまちきました。まちくと、おとこみせひときました。「このぬのはいくらでれますか?」すると、みせひともおどろきました。「こんなきれいなぬのたことがない。よし、100ひゃく万円まんえんはらいましょう。」おとこはまたおどろきました。おとこはいつもいち万円まんえんっていたからです。

They were very happy. However, the man didn’t have money. Once in a while, there were days when they could not eat meals. Then, the woman said, “I can make beautiful cloth. How about selling the cloth in a town?” When the woman made the cloth, the man was surprised because it was the most beautiful cloth that he had ever seen. The man went to the town quickly. When the man arrived at the town, he asked a person in a shop, “How much can I sell this cloth for?” Then, the person in the shop was also surprised, “I have never seen such beautiful cloth. Well, I will pay one million yen for this.” The man was surprised again because he usually sold a tree for 10.000 yen.

おとこいえかえると、おんなにたのみました。「もっとたくさんぬのつくってくれ。」おんなこたえました。「いいですよ。」そのあと、おんな真面目まじめかおをしていました。「でも、ひとつおねがいがあります。わたしぬのつくっているあいだけっして部屋へやなかないでください。」「わかった。約束やくそくするよ。」おんな毎日まいにちぬのつくりました。おんなぬの1枚いちまいつくると、おとこはすぐまちって、それをります。おんな毎日まいにちはたらいたので、だんだんとげんがなくなっていきました。ぬのはたくさんのひとからにんがあって、いつもたかれました。あるまちひといました。「このぬの本当ほんとうにきれいだ。1000いっせん万円まんえんはらうので、ぬのつくかたおしえてくれませんか?」おとこかんがました。おんなぬのつくっているときに、部屋へやなかて、つくかたをおぼえてしまおう。

When the man came back home, he asked her, “Make a lot more cloth.” The woman replied, “Sure.” After that, she said with a serious face, “But, I have a request. Please don’t look at the inside of the room while I’m making cloth.” “Alright. I promise.” The woman made cloth every day. Once the woman made a piece of cloth, the man went to the town right away and sold it. Since the woman worked every day, she was losing her energy gradually. The cloth was popular from among a lot of people, and he could always sell it at a high price. One day, a person in the town said, “This cloth is really beautiful. I will pay ten million yen, so could you tell me how to make the cloth?” The man thought that he would try to memorize how to make it by looking at the inside of the room while she is making the cloth.

しかし、おとこいえかえると、おんないました。「びょうになってしまいました。もうぬのつくれません。おとこいました。「あと1枚いちまいつくってしい。それから、しばらくやすみなさい。」そのよるおんなさい1枚いちまいつくはじめました。「部屋へやなかるのは、今日きょうしかない。」おとこ部屋へやまえって、ゆっくりとドアをあけました。しかし、部屋へやなかにあのうつくしいおんなはいません。そこにいたのは、はねがほとんどないいちのツルでした。ツルはぶんはねぬのつくっていたのです。「うわぁー!」おとこはおどろいておおきなこえしました。ツルはおとこがつくと、人間にんげんからだになっていました。「部屋へやなかないと約束やくそくしたのに…。」

However, when the man came back home, the woman said, “I got sick. I cannot make the cloth anymore.” The man said, “I want you to make one last piece of cloth. Then, rest for a while.” In the night of the day, the woman started making the last piece. “There will be no other chance to look at the inside of the room, but today.” The man went in front of the room and slowly opened the door. However, the beautiful woman was not there. Who was there was a crane who had almost no feathers. The crane made the cloth by her own feather. “Gosh!” the man was surprised and exclaimed. The crane noticed the man, and then changed her appearance to human body and said, “You promised not to look at the inside of the room…”

おとこはなにもうことができませんでした。「わたしはあなたにごはんをもらったツルです。あのわたしのためにごはんをようしてくれて、本当ほんとうにうれしかった。だから、あなたにおれいをするために、このいえました。でも、わたしがツルだということをられたので、もうここにいることはできません。」そううと、おんなはツルのからだもどって、いえていきました。「って。ってくれ。」おとこおんないましたが、おんなへんをしません。おんながいなくなったあと、おとこおんなにひどいことをしたとがつきました。それからおとこおんなかえってるのを毎日まいにちちました。しかし、おんな二度にどおとこいえにはかえってませんでした。

The man couldn’t say anything. “I’m the crane who received the meal from you. That day, you prepared the meal for me and I was really glad with that. So, I came to this house to do something for you. However, I was found that I was a crane, so I cannot be here any longer,” the woman said, and then she return to the crane body and left the house. “Wait. Wait,” the man said to the woman, but she didn’t reply. After the woman left, the man realized that he did heartless things to her. Since then, the man was waiting for her to come back every day. However, the woman never came back his house.

Note

The story is slightly modified for beginner level from the one that are already in public domain.The contents are slightly different from the original ones. Translated to english with Japanese grammatical structures. Therefore, some of them may not be natural in terms of English grammar.

run,Melos!!

メロスはおこった。わる王様おうさまゆるせないとおもいました。メロスはむずかしいことがわかりません。メロスはむらたのしく生活せいかつをしていました。しかし、メロスはわるいことをゆるせません。メロスはむらからシクラスというまちました。メロスにはおとうさんもおかあさんもいません。おくさんもいません。16じゅうろくさいいもうと二人ふたり生活せいかつをしています。いもうとはもうすぐ結婚けっこんします。メロスは結婚式けっこんしきようのためにものをしにまちたのです。まちあるいていると、メロスはまちがおかしいとおもいました。まえときより、まちがとてもしずかなのです。そこで、メロスはまちひときました。「なぜまちしずかなのですか?」

Melos was angry. He thought that he could not forgive the bad king. Melos didn’t understand difficult things. Melos was living a happy life in a village. However, Melos could not forgive bad things. Melos came to the town named Syracuse from the village. Melos had no father, mother nor wife. He was living with his sixteen-year-old younger sister. She would get married soon. Melos came to the town to go shopping to prepare for the wedding. While he was walking in the town, Melos thought that the town was strange. The town was much quieter than when he came before. So, Melos asked a person in the town, “Why is the town quiet?”

まちひとちいさなこえでメロスにこたえました。「王様おうさまひところすからです。王様おうさまどもいもうところされました。王様おうさまひとしんじることができません。今日きょうろくにんころされました。」メロスはとてもおこりました。メロスはおこって、王様おうさまむおしろかってきました。おしろはいるとメロスはすぐにつかまってしまいました。メロスがちいさなかたなっていたからです。王様おうさまはメロスにきびしくきました。「なぜおしろたのだ?」メロスはこたえました。「わる王様おうさまからまちたすけるためです。」王様おうさまわらっていました。「おまえまちたすけることができるのか?おまえわたし気持きもちがわからない。」

The person in the town replied to Melos with a small voice, “Because the king kills people. The children and younger sisters of the king were killed. The king cannot trust people. Six people have been killed today.” Melos got very angry. Melos angrily headed towards the castle where the king lived. When Melos entered the castle, he was caught soon because he had a small sword. The king sternly asked Melos, “Why did you come to the castle?” Melos replied, “I’m here to save the town from you.” The king laughed and said, “Can you save the town? You cannot understand my mind.”

メロスはいました。「王様おうさまひとしんじていません。ひとしんじないことは、とてもずかしいことです。」王様おうさまいました。「ひとくちではきれいなことをうことができる。わたしひと本当ほんとう気持きもちがわかる。おまえわたしころされるとき、いてあやまってもゆるさないぞ。」「わたしこわくありません。王様おうさまゆるしてくれるとおもっていません。しかし、わたしみっかんだけかんをもらえませんか?いもうと結婚式けっこんしきをしたいのです。みっかんのうちに、いもうと結婚式けっこんしきをして、かならかえってます。」「うそをつくな!」王様おうさまひくこえわらいました。「げたとりかえってることはない。」「かえってます。」メロスはいっしょう懸命けんめいいました。

Melos said, “You don’t trust people. Not to trust people is a very shameful thing.” The king said, “People can say beautiful things on the surface. I can understand people’s real minds. When you are killed by me, I will not forgive you even if you apologized with tears.” ”I’m not scared. I don’t expect you to forgive me. But, could you give me just three days’ time? I would like to hold my younger sister’s wedding. Within three days, I will hold the wedding and definitely come back.” ”Don’t lie to me!” The king sneered with a low voice. “Birds that fly away will never come back.” “I will be back.” Melos said very hard.

わたし約束やくそくまもります。わたしみっかんだけゆうにしてください。いもうとわたしっています。わりに、セリヌンティウスという大切たいせつ友達ともだちをおしろいていきます。もしわたしかえってなかったら、わたしわりにセリヌンティウスをころしてください。」王様おうさまわらいました。うそだ。メロスはかえってない。それなら、みっにセリヌンティウスをころしてしまおう。王様おうさまいました。「わかった。セリヌンティウスをびなさい。メロス、みっ夕方ゆうがたまでにかえってなさい。もしおくれたらセリヌンティウスをころす。」友達ともだちのセリヌンティウスは、よるおくくにおしろばれました。メロスは王様おうさまとの約束やくそく説明せつめいしました。セリヌンティウスはなにいませんでした。メロスはおしろました。なつよるそらには、たくさんのほしひかっていました。

“I will keep my promise. Please let me free for just three days. My younger sister is waiting for me. Instead, I will leave my dear friend Selinuntius in the castle. If I don’t come back, please kill Selinuntius instead of me.” The king laughed. [The king thought] “That’s a lie. Melos won’t come back. In that case, I will kill Selinuntius three days later.” The king said, “All right. Call Selinuntius. Melos, come back by evening on the third day. If you are late, I will kill Selinuntius.” The friend, Selinuntius, was called into the castle late at night. Melos explained his promise to the king. Selinuntius didn’t say anything. Melos left the castle. In the summer night sky, a lot of stars shined.

その、メロスはねむらずにむらかえりました。むらいたのは、つぎぜんでした。もうむらひとそとごとはじめていました。メロスのいもうとごとをしていました。いもうとつかれているメロスをおどろきました。メロスはいました。「だいじょうだ。ところで、まちにまだようがある。またすぐにまちもどらなければならない。明日あした、おまえ結婚式けっこんしきをしよう。きれいなふくってきた。さあ、むらひと明日あした結婚式けっこんしきをするとらせにきなさい。」いもうとはとてもよろこびました。メロスはいえかえり、結婚式けっこんしきようをしました。メロスはベッドにたおれてねむってしまいました。

On that day, Melos went back to the village without sleeping. When he arrived at the village it was the next morning. People in the village had already started working outside. Melos’ younger sister was also working. She was surprised by seeing the tired Melos. Melos said, “All right. By the way, I still have things to do in town. I have to be back in town soon. Tomorrow, let’s hold your wedding. I bought beautiful clothes. Now, go let people in the village know that we’re going to hold your wedding tomorrow. ” She was very glad. Melos went home and prepare the wedding. Melos fell down on the bed and went to sleep.

つぎ結婚式けっこんしきおこなわれました。そのつよあめりました。メロスはむらひと一緒いっしょにおめでとうといました。結婚式けっこんしきつぎあさ、メロスはまちけてはしはじめました。わたし今日きょうよるころされる。わたしころされるためにはしるのだ。友達ともだちのためにはしるのだ。メロスはいっしょう懸命けんめいはしりました。そのとき、メロスは、おおきなかわつけました。昨日きのうつよあめで、かわみずえて、はしこわれてしまったのです。メロスはおおきなこえきました。「このかわわたらないと友達ともだちたすけることができない。神様かみさま、おねがいです。かわみずめてください。」しかし、メロスのこえは、神様かみさまとどきません。

The next day, the wedding was held. That day, it rained hard. Melos and the people of the village said together, “Congratulations.” In the morning on the day after the wedding, Melos started running toward the town. [Melos thought] “I will be killed this night. I will run to be killed. I will run for my friend.” Melos ran very hard. This time, Melos found a big river. Due to the hard rain the day before, the water in the river increased and the bridge was broken. Melos cried with a loud voice, “Without crossing this river, I cannot save my friend. Please God, stop the water in the river. But, Melos’ voice didn’t reach God.

メロスはこのおおきいかわはいることをめました。いっしょう懸命けんめいおよいで、かわわたることができました。それからメロスは、やまをのぼり、やまをくだり、はしつづけました。ずっとはしっていたので、メロスはつかれてしまいました。もうはしることができません。メロスはとうとうみちたおれてしまいました。わない。わたしはセリヌンティウスをたすけることができない。いっしょう懸命けんめいはしったがわなかった。ゆるしてくれ、セリヌンティウス。メロスはねむってしまいました。メロスはきるとすこげんになりました。メロスはまたはしはじめました。もうすぐ夕方ゆうがたになってしまいます。メロスはいっしょう懸命けんめいはしりました。

Melos decided that he would enter this big river. He swam very hard and could cross the river. Then, Melos went up and down the mountain and continued running. Since he was running for a long time, Melos got tired. He couldn’t run any longer. Melos fell down on the road at last. [Melos thought] “I will not make it in time. I cannot save Selinuntius. I have run very hard, but have not made it in time. Selinuntius, please forgive me.” Melos fell asleep. When he got up, he felt a little better. Melos started running again. It would turn to evening soon. Melos ran very hard.

「メロスさん。」だれかがメロスにはなしかけました。「だれだ?」メロスははしりながらきました。「フィロストラトスです。セリヌンティウスの友達ともだちです。はしるのをやめてください。もういません。セリヌンティウスをたすけることはできません。」「まだう。」メロスは太陽たいようながらこたえました。「やめてください。はしるのをやめてください。いまはあなたのいのちだいです。セリヌンティウスはメロスさんをしんじていました。王様おうさまにメロスはますとこたえていました。」 「だから、はしるのだ。しんじられているからはしるのだ。」メロスははしりました。メロスはなにかんがえずにはしつづけました。

“Melos,” someone spoke to Melos. “Who’s there?” Melos asked while running. “My name is Philostratus. I’m Selinuntius’s friend. Please stop running. You will already not be in time. You cannot save Selinuntius.” “I will still be in time,” Melos replied while looking at the sun. “Please stop. Please stop running. Now, your life is important. Selinuntius trusted you. He was responding to the king[‘s question], telling him that you would come.” “That’s why I will run. I will run because I’m trusted.” Melos ran. Melos continued running without thinking anything.

太陽たいようえるまえに、メロスはおしろきました。メロスはったのです。「て。そのひところしてはいけない。メロスがかえってた。いまかえってた。」メロスはそうおうとしましたが、とてもつかれていて、はなすことができません。メロスはもういちいました。「て。ころされるのはわたしだ。メロスだ。」メロスはセリヌンティウスにかってはしりました。メロスはとうとうセリヌンティウスをたすけることができました。メロスはきながらいました。「わたしたたけ。わたしちゅういちわるゆめた。わたしいちあなたをたすけることをあきらめた。」

Before the sun disappeared, Melos arrived at the castle. Melos was in time. “Wait. You must not kill him. I’m back. I’m back now,” Melos tried to say, but he was very tired and couldn’t speak. Melos said once again, “Wait. I am the one who will be killed. It’s Melos.” Melos ran toward Selinuntius. Melos could finally save Selinuntius. Melos said while crying, “Slap me. I had a bad dream on the way. I gave up saving you for a while.”

セリヌンティウスはメロスのかおたたきました。そして、やさしくわらいました。「メロス、わたしたたけ。わたしはこのにみっかんいちきみしんじることができなかった。はじめてきみしんじることができなかった。」メロスもセリヌンティウスのかおたたきました。「メロス!」「セリヌンティウス!」二人ふたりこえしてきました。まわりのひとこえげてよろこんでいました。王様おうさまかおあかくして、いました。「二人ふたりたすかった。二人ふたりひとしんじることをおしえてくれた。わたし二人ふたり友達ともだちにしてくれないか?」王様おうさま二人ふたりめました。まわりのひと王様おうさま二人ふたりめました。

Selinuntius slapped Melos’s face, and he smiled softly. “Melos, slap me. I haven’t been able to trust you once for these three days. I couldn’t trust you for the first time.” Melos slapped Selinuntius’s face. “Melos!” “Selinuntius!” They cried loudly. The surrounding people cheered loudly, too. The king’s face turned red and he said, “You all have been saved. You have taught me to trust people. Will you let me be your friend?” The king praised them. The surrounding people praised the king and them.